旧キット 1/1200 ガウ ガンプラ 完成


こんにちは、カンオウです。

ベストメカコレクションNo.35 1/1200 SCALE・ジオン軍 ガウ 攻撃空母 完成です!

どん!

旧キット 1/1200ガウ。
1982年4月発売、300円+税。
ガウで私がイメージするのは、ガルマ・ザビ ジオン公国軍地球方面軍司令大佐です。シャアの策略にハマり搭乗するガウの後方からホワイトベース部隊の攻撃を受け最終的に特攻するも敗れてしまいました。「ジオン公国に栄光あれ」と。制作日数は1週間です。7割の出来を目指して手抜きしながら制作しています。(後の3割を頑張ると制作日数が倍かかる為) パテ、サーフェイサーを使用せず、基本説明書通りに制作しています。全塗装を行っていますが、私的にはスミ入れが仕上がりの良し悪しのポイントになると思っています。変わったスミ入れ方法などお伝えしながら誰でもちょっとしたコツで楽しめるプラモ作りを伝えていけたらなと思っています。 制作工程もUPしていますのでよろしくお願いします。

完成ギャラリー


今回の完成自己評価

制作難易度 ★☆☆☆☆
製作難易度は低く容易に製作出来ました。

制作時間  ★☆☆☆☆
製作日数は1週間です。

制作出来評価★★☆☆☆
自分の製作完成レベルの評価です。キットのデザインがとても良く、付属のモビルスーツはとても小さいのですが造りが細かく出来が良いです。


製作して気が付いた点

付属のキットはとても小さいのですが、スミ入れを行い塗装をすることによりカッコよく仕上がりました。


下図、左はスミ入れ有り。右はスミ入れ無し。スミ入れ有りと無しの違いは仕上がりに大きな違いがあります。


ザクも細かくスミ入れを行い仕上げました。スミ入れ後の塗装だからこそスミ入れが出来たと思います。

以上、気が付いた点です。

製作工程


ランナーは 3枚です。


ゲート処理

パーツをサクッと切り離し丁寧にゲート処理を行います。詳細は、RG リアルグレード 1/144 RX-78-2 ガンダム ガンプラ制作【ゲート処理編】 を参照。


スジ彫り・スミ入れ

各パーツを深く・太くスジを彫りスミ入れを行い、スミ入れラインを整えます。 詳細は、②RG リアルグレード 1/144 RX-78-2 ガンダム ガンプラ制作【スミ入れ編】を参照。

パーツに深く・太くスジ彫りを行い 、
※フリーハンドで、スジ彫りをしました。線に歪みがあります。


ざっくりスミ入れを行い、


各パーツにデザインナイフでカンナ掛けを行い余分なスミを落とし、仕上げにスポンジやすりで磨き、パーツのスミ入れラインを整えました。


組み付け&塗装

上図スミ入れ後、各パーツに塗装を行います。スミ入れ後の塗装詳細は、③ RG リアルグレード 1/144 RX-78-2 ガンダム ガンプラ制作【塗装編】 を参照。

塗装前、


塗装後、


部位ごとに塗装を重ね仕上げていきます。


仕上げ

細かな修正を行い仕上げていきます。④ RG リアルグレード 1/144 RX-78-2 ガンダム ガンプラ制作【仕上げ編】 も参考にしてください。

滑走路は塗装が困難な場所で塗装リスクを避けるため、マスキングテープに黒塗装を行ったモノをカットし、


滑走路部に貼りました。


マスキングテープにオレンジ塗装を行ったモノを、


窓枠のサイズにカットをして、


貼りました。


飾り台のロゴは筆塗りです。


各パーツの塗装が完成しました。


小さくても始めにスミ入れを行いエアブラシ塗装と筆塗りで仕上げました。


完成したパーツを組み付けていきます。

組み付けただけだとパーツのテカリが目立つので、つや消しトップコートを吹き完成させます。トップコートは吹きっぱなしで私は完成です。


完成

スミ入れ後の塗装との色の相性が良くキレイに仕上がりました。これから旧キット 1/1200ガウの製作をする人の参考になれば幸いです!
以上